Return to site

1月8日

瀬戸貴彦

瀬戸貴彦です。

普段は、私以外の店員のほとんどが中国出身というコンビニエンスストアで働いています。時代を感じさせられるようで面白いです。

連続2日目のリハーサル日である今日は、さすがに皆「ふくらはぎが痛い」と笑いながらのスタートでした。

今日の内容は、主に今までのダンスのおさらいです。ひとつひとつの振付を通し、自分達自身とも向き合っていく1日になりした。

先日皆の動きをつなげてできた振付は、2つのグループによってさらに工夫がなされています。はじめは同じものであったはずなのに、少しの視点の違いから、今ではおたがいすっかり別の方向に発展している様子に胸が踊ります。

やっぱり正解がひとつでないのは面白い。

これはこの2つのグループ分けによるものに限った事ではなく、様々な瞬間に実感させられます。

2月のダンスポート本番がどんどん近づいています。本番の方から近づいてもきますが、何より私たちの方からもぐいぐいと進んでいきます。

与えられた時間に限りがあるという事実は、怖くもあります。しかしその反面、そのなかで何に時間を使うのか選択していかなきゃいけないし、選んだ事ならなるべくムダにはしたくないなという気持ちが強くなるし、つまり

ひとつひとつの事と大事に付き合えるようにしてくれる一面もあるな、

とか考えつつ、

楽しんでいきたいと思います!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly