初めましてこんにちは。楓です。

昨年客席で見ていた舞台、今年立てることになり嬉しいです♪よろしくお願いします!

稽古4回目のこの日、段々と作品の核に迫っているなという感覚がありました。

ワークの中から3つをピックアップして書きますね。

【ニュアンス】

前回1つとなった各々の動きがありました。今日は2グループに分かれてその動きにニュアンスを加えてみました。

「テンポ」「質感」などなど。

私たちのグループはある1つのことに拘って声も使いながら終始激しく動きました。

一方もう1つのグループは無音。そして動きと動きの間を丁寧に繋いでいました。

ここまで違ったものになるなんて、やっぱりダンスは面白いです。

【高さであそぶ】

イスに座ったところからスタート!!!

立ったり寝転んだり、身体で高低を出しながら、相手と身体の会話のはじめる。

最初は〔大辅さん×磨席さん〕〔大辅さん×幹ちゃん〕1対1のやりとり。かけひきのよう。

その後で全員が横一列になってやってみる。右も左も気にしながら動くって思いの外難しい。

「集中」って自分1人になってしまいがちだけど、実は外に意識を向けることが大切。前々回の大辅さんのワークを思い出しました。

【ある時の行動】

・手を後ろに組む・目線が上がる・カラダがゆれる・喋り終わりで次の人に合図・ジェスチャーがはいる・話終わると表情がゆるむ・待っている時に少しストレッチする・じっとしていられない・動きをつけたくなってきた・同調しようとしている・声が聞き取りにくいんじゃないか?

↑どんなシチュエーションだと思いますか?正解は以前大辅さんのWSで参加者が自分の話をした時にとった行動!だそう。私たちはこのことを意図的に表現してみる。ジェスチャーは具体的なイメージを持つとやりやすい。

最後には【高さであそぶ】の中でこの一連の流れをやってみた。

相当すごいことになってます。室温変わった感じ。え⁉︎え⁉︎え!!瀬戸さんが語り始めた!熱く。熱く。

「ダンスに濡れる」本番まで、皆でそんな体験をしたいと思っています。

ダンスに濡れたい!

楓(かえで)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly