Return to site

2月11日

ミキティ

突然ですが、今年になって感動したことをお話します。ダンスが大好きです。ミルピエ、という映画を見ました。泣く映画ではないのですが・・もちろん、映画館で泣いている人は、ほとんどいない感じでした。でも、私は、涙がとまりませんでした。。何故かな?と思ったところ、これは、ダンスの練習に励んでいる人達の情熱、パッションに感動したのだと思いました。躰が美しく、そこから醸し出される葛藤のようなもの・・ものを作り出すエレルギーに。。振り付け家のミルピエとダンサーの共同体という一体感、信頼関係がないと作品は不可能なのかも・・

で、現実に戻り、大輔さんの今回の演目、空の皿、宇宙的発想で素晴らしいと思います。プロの方と私たちアマの集団のダンスパフォマンスみなさんそれぞれ練習され、それぞれの表現ができたのではないのでしょうか?

ダンスで、みんなに愛を届けたい、また花束という愛が届きますように!!!

みんなに感謝!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly